オードブルの語源と起源

img-1

オードブルは前菜を指しており、日本では肉や野菜などの惣菜を盛り合わせたものと認識されています。



誕生会やクリスマス、飲み会に欠かせない料理です。



オードブルの語源はフランス語です。
フランス料理では前菜とメイン、デザートとコースが提供されます。



フランスでは食事前にワインを飲む習慣があり、そのときに軽くつまむ食べ物として、オードブルが出されました。

現在ではメインの食事の前に出され、食欲を増幅させるために食べられます。



コースで出される場合、野菜を使ったメニューが多く、あっさりした味付けで食べやすいのが特徴です。


それだけでは、お腹が満腹にならず、食欲が湧きます。語源はフランスですが、オードブルが誕生したのは、ロシアであるという説もあります。

それはロシアの地形と気候が影響しています。


ロシアは世界の中でも北に位置する国で、冬の寒さが厳しい場所として知られています。国土面積も広大で、貴族階級では非常に大きな家を建てるのが一般的でした。


そのような広い家でパーティーを開いていましたが、多くの人を呼ぶとそれだけパーティーの開始も遅れました。



それは家の中が広すぎて、パーティー会場になかなかたどり着けないためです。

入口から会場まで長時間歩く必要があったため、招待客はお腹が空いていました。
また夜には路面が凍結するので、招待客が家に到着する時間もはっきりとは分かりません。



そこで、パーティーに来た人が退屈しないようにオードブルとウォッカを置いたのが始まりとされています。


関連リンク

img-2
イベントにおすすめなオードブル

最近では、祖母や祖父なども子供の運動会に来るという場合がとても多くなってきているのです。その場合、多くのお弁当を作らなくてはならないということから、主婦の負担がかなり大きくなってしまうということがあるのです。...

more
img-2
オードブルの語源と起源

オードブルは前菜を指しており、日本では肉や野菜などの惣菜を盛り合わせたものと認識されています。誕生会やクリスマス、飲み会に欠かせない料理です。...

more
top